犬尾裕一という男

      2015/04/11

 

犬尾 裕一 1985年生まれ 札幌在住。

犬尾裕一 顔画像

 

通称「わんちゃん先生」

理学療法士として整形外科病院のリハビリテーションの現場を経験。

整形外科でリハビリくるような人達は、「既に悪くなってどうしようも無くなってから来る」という人達がほとんど。

そんな中で、一人でも多くの人の役に立とうと日々の臨床で奮闘。

リハビリ 理学療法士
しかし、リハビリに来る患者さんは最初は「こんなところ来たくない」「医者に言われたから来た」がほとんど。

現実は全員の患者さんが向上心を持っている訳ではなかった。

そんな環境では自分の思い通りに行かない事も多く、「目の前の人を1人でも良くするためにどうしたらいいか」悩み続ける。
そんな中で「自分は、本当に必要とされているのだろうか。」と疑問を抱き始める。

自分の仕事に自信を持てなくなっていた。

病院にくる人達は、「ガマンしてガマンして。自分ではどうしようもなくなるくらい悪化してから来る」という人が本当に多い。

でも、その人達は単純に「自分の体への対処法を知らない」ことが問題だった。

リハビリ理学療法士
病院に来るくらい悪くなる前に「自分がもっと多くの人に役に立てることがあるのではないか?」と思い立つ。

2014年独立。

病院の外に出ると、自分の技術を必要としてくれている人達が本当にたくさんいた。

自分の技術は、本当に女性を健康的でキレイにすることが出来るし、スポーツ選手のパフォーマンスを劇的に上げることも出来る。

そして、医療の世界で好き嫌いせずにとにかく身に付けて来たたくさんの知識や技術は、その辺のいわゆる専門家にも決して負けない。

大きな自信を持ち、胸を張って自分の仕事が出来るようになった。

姿勢や歩き方、体の歪みなどをその場で変えることは、僕にとってはそれほど難しいことではありません。

問題は、その後「結局元に戻る」ということ。
それに対して何も対処できていないことです。

大切なことは、その後あなたが「何に気付いて」、「今後どうしていくか?」です。
僕は、その場で良くなったことだけに目を向けません。
むしろ、その後にどう良くなっていくか?の方が重要ですよね。

だから僕は、自分でしっかりと体をケアできるように「セルフケア」と日常から体を変えるポイントを重点的に教えていきます。

体は変わります。

僕は、本気で体を変えたい人の本気のお手伝いを致します。

「僕のところには、通い続けないでください。

だからこそ、自分で体をケア出来るようになるまで僕が本気でサポートします。

そして、早く僕のところから卒業してください。

僕は、あなたの体が良い方向に向かうキッカケになればいい。」

現在、女性が体の内側からキレイになるためのブログ、美脚情報商材、出版、セミナー活動など多岐に渡り大活躍中。
2015年
完全予約制プライベートスタジオ「Conditioning Studio 1.」オープン!

美脚体験
「札幌」を活動の拠点として、奮闘中!

 

 

「Conditioning Studio 1.(one)」とは?

 

 

また、理学療法士をはじめ、多くのセラピストから支持を集め

セミナー活動、数多くのコンサルティングなども行っている。

今も、全国から多くのセラピストから相談を受けている。

 

 

美人メルマガ:

「カラダが美人になりたい人」のここだけの話

 

セラピストメルマガ:

療法士マニアックス

 

 - 宣言 , , , , , , , , ,

  関連記事

no image
初投稿テスト!

初投稿のテストです。 これから、ブログを書いていきます。 みなさま、よろしくお願 …